洗浄をの素行を一から見直してみました

洗浄をの素行を一から見直してみました

加齢と共に抜毛の総締めが加わるのを激しく感じます。

 

また、髪の質もずいぶんと変わってきました。

 

以前は、直毛で分厚い髪が生えていた辺りに、ちじれた狭い髪が生えるようになりました。

 

何か改善する施策があるか何かと調べた地点、
私の状態、髪の洗いクライアントに問題があるって伝わり、虎の巻をすることにしました。

 

ひとたび、シャンプーを何にするかで迷いました。

 

おっきいものは10000円を超える雑貨もありますが、私の家庭ではそのような物は許されません。

 

効率最意識だ。

 

ノンシリコン、低モチベーションなどの条件を満たしつつも、短い雑貨を探した結実、スカ研究所 薬用スカルプシャンプー DAICHI 300ml [1000円ほど]にしました。

 

但し、重要なのはシャンプーよりも却って洗い流しクライアントだ。

 

基本的に二たび洗顔をします。

 

取り敢えず、お湯で丁寧に予洗をします。

 

整髪料金などが残っていると、シャンプーの威力が弱まるので敢然と落としておきます。

 

そうして、シャンプーを付けて一回目の洗顔を行います。

 

髪全体を指のお腹で洗いざらい洗ってすすぎます。

 

アッという間にまた、シャンプーを付けて二回瞳の洗顔だ。

 

二回瞳は髪よりもスカルプをマッサージする事を意識して行ない、それほどすすぎます。

 

最後に、リンスを通して、よく落とします。

 

以前のダブルほどの時間をかけて洗っている。

 

更にすすぎに時刻を使いますが、終わった後はスカルプが柔らかく至るをもらい、何となく爽やか気分になります。

 

細くなっていた地点がもうすぐ分厚くなって来たのを実感しています。


[PR]動画